『包帯クラブ』
- 2015/09/05(Sat) -
天童荒太 『包帯クラブ』(ちくまプリマー新書)、読了。

新書なのに小説???と、不思議だったので買ってみました。

中学時代に友達と方言クラブを作っていた仲間が、
今度は包帯クラブを結成、街の人々の傷ついた心を癒そうとする・・・・・
って、全然、本作の要約になってませんわ(苦笑)。

正直、何を軸にして読めば良いのか分からなかったんですよねぇ。

傷ついた心を癒すということは、一つのテーマになっているのは分かるのですが、
私の好みからすると、中学生時代は仲が良かった4人が
高校受験を経て、進学組1人とオチコボレ1人とその他普通の2人に別れてしまい
疎遠になるどころか仲間割れをしてしまう物語の方が、興味を惹かれました。

学歴というか、階層というか、そういうものを結構ストレートに描いていて
今の高校生を描くのに重要なテーマだと思ったからです。

それに比べて、心の傷を癒すというテーマは、別に高校生じゃなくても・・・・とか、
この境遇の主人公が向き合わなくても・・・・と、あまり必然性が感じられませんでした。

この4人に絡んでくる変わり者のディノは、その突飛さをあまりストーリー内で
消化できているようには思えませんでしたし、ギモも印象が薄いです。

あと、文章が読みにくかったです。
何も前触れのない話をいきなり書いて、数行後で事後説明するという演出は、
正直、読んでいて疲れるので好きではありません。
章ごとに挿入される、大人になった登場人物たちの手紙紹介も
狙い過ぎな印象で、面白いとは感じられませんでした。

うーん、盛り込みすぎということなんでしょうかね。

そして、なぜ新書形式での発表だったのかは、最後まで分からず・・・・・。


包帯クラブ (ちくまプリマー新書)包帯クラブ (ちくまプリマー新書)
天童荒太

筑摩書房 2006-02-10
売り上げランキング : 32361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『エネルギー論争の盲点』 | メイン | 『経済学は温暖化を解決できるか』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4516-e0368e07
| メイン |