『社会派くんがゆく!維新編』
- 2015/07/30(Thu) -
唐沢俊一、村崎百郎 『社会派くんがゆく!維新編』(アスペクト)、通読。

100円でドカ買いしてきた中の一冊。
唐沢センセのお名前と、タイトルや表紙絵の狙った感じから、
斜に構えた時事ネタの対談エッセイかなと思っていたのですが、
のっけから暴言吐きまくりで辟易・・・・・。

村崎百郎という人が、政治家や実業家、犯罪者などを槍玉に挙げる以上に
犯罪の被害者をこき下ろしたり、侮辱したりしていて、
最初の章でリタイアしようかと思ったほど。

唐沢氏が冷静なツッコミで、軌道修正ではないけれども
少し温度を下げる調整役を担っていて、かろうじて読み進められました。

政治から経済、犯罪、芸能ネタまで、
2005年当時の時事ネタが1か月分一気にまとめよみでき、
10年前という時間の壁が、冷静にかつ具体的に振り返ることができる感じで、
段々と、村崎某との距離のとり方や読み流し方がわかってきたこともあり、
何とか最後まで辿り着きました。

ホリエモン大暴れとか、小泉郵政解散とか、政治経済ネタは印象に残ってますが、
結構、ドギツイ犯罪が毎月起きていたことを思い起こされました。
というか、私の記憶にない凶悪犯罪も出てきて、
「なんだ、この、気持ち悪い事件は・・・・」と、嫌~な気分に。

こういう話を嬉々として語る村崎某の露悪趣味は最後まで不快でしたが、
「一体この人は何者なんだ!?」と読了後にWikiってみたら、
なんと刺殺されているという・・・・・・。

日本も怖い国なんですなぁ。


社会派くんがゆく! 維新編社会派くんがゆく! 維新編
唐沢 俊一 村崎 百郎

アスペクト 2005-12-22
売り上げランキング : 816871

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『うつくしい人』 | メイン | 『のぼうの城』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4474-66c18f7c
| メイン |