『バ・イ・ク』
- 2015/07/28(Tue) -
柳家小三治 『バ・イ・ク』(講談社文庫)、読了。

『ま・く・ら』と同じような装丁だったので、シリーズものかと思って買ってきたら、
ちゃんとしたバイクい関するエッセイでした。

笑わせてもらおうという気持ち満々で読み始めてしまったので、
ちょっと肩透かしを食らった格好になってしまいましたが、
峠道でガードレール飛び越えちゃったり、自衛隊員と混浴したり、
やっぱり珍道中でございます。

ただ、『ま・く・ら』が高座からお客さんに向けて発せられた話であったのに比べて、
バイク乗りたちに向けて改まって話された言葉だと、
なんだか噺家さんとしての勢いがないように感じてしまいました。

私自身があんまり、運転とかスピードとかに興味がないからかもしれません。

男の人だと、バイクに乗らない人でも楽しめるのかな・・・・・。


バ・イ・ク (講談社文庫)バ・イ・ク (講談社文庫)
柳家 小三治

講談社 2005-05-13
売り上げランキング : 47837

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  柳家小三治 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『のぼうの城』 | メイン | 『駅路』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4472-2c116db5
| メイン |