FC2ブログ
『鹿男あをによし』
- 2015/07/25(Sat) -
万城目学 『鹿男あをによし』(幻冬舎文庫)、読了。

いやはや、一気読みでした。

東京の大学院で神経衰弱になり、
数ヶ月間だけ奈良の女子高で臨時教員をやることになった主人公。
初日にいきなり「マイシカで駐禁をとられたので遅刻した」と開き直る女子生徒にやりこめられ、
とんでもない教師生活が始まる・・・・・。

もう、この時点で面白いのに、さらに、公園で鹿が話しかけてくるという暴挙(爆)。
さらには、女子高の姉妹校同士の大和杯での剣道対決や
卑弥呼や大宝地震などの歴史の要素も絡まって、
もう、てんこ盛り。

でも、しっかりと全部のネタを拾って、
最後にきちんとまとめあげてみせる手腕は素晴らしいです。

正直、『鴨川ホルモー』は、ちょっとイッチャッてる感じがして
その世界感に踏み込めない印象を受けたのですが、
本作は文句なしに面白かったです。

青春モノが好きな人も、謎解きが好きな人も、
歴史モノが好きな人も、変なモノが好きな人も、
どんな切り口で読み始めても、満足できるのではないかと思いました。

正直、奈良って、小学校の修学旅行や中学校の遠足以来、
きちんと訪れたことがないので(実家は隣県なのにね・・・・・)、
奈良に行って鹿と戯れたくなりました。


鹿男あをによし (幻冬舎文庫)鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
万城目 学

幻冬舎 2010-04
売り上げランキング : 13171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  万城目学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『マーケティング実践講座』 | メイン | 『天才の栄光と挫折』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4467-dd545124
| メイン |