『怪笑小説』
- 2015/07/13(Mon) -
東野圭吾 『怪笑小説』(集英社文庫)、読了。

東野さんの毒ッ気を含んだ短編集。

凄い!と唸るほどの短編の上手さはないものの、
気晴らしに読むにはお手頃な本だと思います。

みんなが日常生活の中で、心の中で毒づきながらも、それでも口には出さずに留めていることを
結構、あからさまに作品の中で吐き出しているので、
この作品を描くのは気持ちよかったのではないだろうかと思ってしまうほどでした。

人間って、黒いですよね。


怪笑小説 (集英社文庫)怪笑小説 (集英社文庫)
東野 圭吾

集英社 1998-08
売り上げランキング : 52946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  東野圭吾 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『社長の決断』 | メイン | 『コーポレートファイナンスがよ~くわかる本』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4454-6746eedb
-『怪笑小説』-
怪笑小説 (集英社文庫)東野 圭吾集英社 1998-08Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 毒笑小説 (集英社文庫) 黒笑小説 (集英社文庫 ひ 15-8) あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫) 超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫) 怪しい人びと (光文社文庫) ブラックユーモアに満ちた短編集。 マツ○ンと思われる俳優にのめり込んでしまった老婆の話である... …
2015/07/15 20:11  雨読夜話 ▲ top

| メイン |