『暴走検察』
- 2015/07/10(Fri) -
上杉隆、週刊朝日取材班 『暴走検察』(朝日新聞出版社)、通読。

実家のお店のお客様に、
民主党びいきなのか、小沢さんフリークなのか、アンチ検察なのか分からないのですが、
やたらと小沢氏の捜査に関する本を読んでいる人が居て、
その人がお店に本を置いていってくれるので、店の本棚にこの手の本が溜まっていっています(苦笑)。

これまで私が読んだものは検察の捜査に否定的な本が多いのですが、
現在の世間の評価がそうなのか、それとも読んだ本が偏っているのか
イマイチ判断がつかない私は政治オンチということですね・・・・。

同じように検察と戦っている政治家としては、
やはり鈴木宗男氏が頭に思い浮かびますが、宗男氏が一定の失地回復をしているように
思えるのに比べて、小沢氏のダメージっぷりは何なのだろうかと考えてしまいました。

御本人が一生懸命真実を訴える姿勢の強弱なのか、
佐藤優氏という有能な分析官かつスピーカーの存在の有無なのか、
それとも田中真紀子元外務大臣という分かりやすく、かつ墓穴系の敵の存在の有無なのか、
うーん、政治って難しいですね。

本書の中の対談で宗男氏も登場していますが、
この対談に出てこられる時点で、宗男氏の勝ちですよね~。

本作の中身に関しては、上杉隆は小沢一郎派だということが分かった程度で
あんまり興味が持てる部分はありませんでした(苦笑)。


暴走検察暴走検察
上杉 隆 週刊朝日取材班

朝日新聞出版 2010-04-20
売り上げランキング : 520174

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  小沢一郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『社長という仕事』 | メイン | 『天使はモップを持って』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4445-59bd1d1a
| メイン |