『美徳のよろめき』
- 2015/07/07(Tue) -
三島由紀夫 『美徳のよろめき』(新潮文庫)、読了。

タイトルは知っていたのですが、
どんな作品なのか良く分からないまま、ずーっと積読でした。

で、ようやく手に取ってみたら、不倫モノの娯楽小説でした。
もう少し社会派の内容なのかと思っていたので、
手強いかなと身構えていたのですが、読みやすい文章でした。

正直、惚れた腫れたの世界は、
あんまり小説のテーマとして好みのものではないので、
三島作品でなければ読まなかったと思いますが、
当時の日本流行語にまでなったというのですから、
衝撃を与える作品だったのでしょうね。


美徳のよろめき (新潮文庫)美徳のよろめき (新潮文庫)
三島 由紀夫

新潮社 1960-11-08
売り上げランキング : 10959

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  三島由紀夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『米国製エリートは本当にすごいのか?』 | メイン | 『正確に間違う人、漠然と正しい人』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4442-f8247bbb
| メイン |