『ロック母』
- 2015/07/03(Fri) -
角田光代 『ロック母』(講談社文庫)、読了。

気づけば2年ぶりの角田作品。

・・・・・しんどいわ。

冒頭の「ゆうべの神様」では、夫婦喧嘩しまくる暴力的な両親と
余所者への冷たい目線を絡めてくる村民たちに囲まれて生活する高校三年生の少女が主人公。
夫婦喧嘩の描写が延々と続くとしんどい。
で、外に逃げれば近隣の人々から好奇の目で見られ、嫌味っぽく話しかけられ。
少女が強い自分を持っていられることが奇跡のように思われます。
私だったら耐えられない・・・・。
でも、結局、少女の中にも積もり積もったものがあり、最後にそれは・・・・・・
って、本作が芥川賞になったときのマスコミ取材のエピソードがあとがきに述べられてますが、
その要約はないでしょうに(苦笑)。

アジアの街を舞台にした「緑の鼠の糞」や「爆竹夜」は、ちょっと苦手でした。
というか、あんまり自分の中に物語が入ってきませんでした。
多分、私自身、子供の頃の家族旅行か、大人になってからの出張でしか海外に行ったことがなく、
自分自身の意思で海外の街に立った経験がないからだと思います。

「カノジョ」とか「父のボール」とか、少し突飛な設定の作品が面白かったです。

表題作の「ロック母」は、少し壊れてしまった人間というものがどうも怖くて苦手です。
それを再確認する作品となりました。


ロック母 (講談社文庫)ロック母 (講談社文庫)
角田 光代

講談社 2010-06-15
売り上げランキング : 256321

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  角田光代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる』 | メイン | 『O2Oの衝撃』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4437-861ed17f
| メイン |