『東洋脳×西洋脳』
- 2015/06/27(Sat) -
茂木健一郎、加藤徹 『東洋脳×西洋脳』(中公新書ラクレ)、読了。

モギケン先生と漢文学者の加藤先生の対談です。

最初は、中国文化と日本文化の対比のようなところから始まるのですが、
段々と中国や日本を含む東洋の思想と、西洋の思想との対比に広がっていくところが
面白かったです。

そして、中国文化に影響を受け続けたかのように感じてしまう日本文化も、
結局は、受け入れられる部分だけと効率よく吸収して、
合わない部分は排除してしまうという日本の「柔軟性」により、
臣下の国とはまた違った影響受け方をしてきたのだなぁと再認識。

いすれにしても、はやり中国の文化がもつ影響力なり浸透力、破壊力というのは
凄まじいものだと思います。
そこは素直に受け止めないとね。

いつか、中国の歴史というものを、きちんと学んでみたいなと思います。


東洋脳×西洋脳―多極化する世界で生きるヒント (中公新書ラクレ)東洋脳×西洋脳―多極化する世界で生きるヒント (中公新書ラクレ)
茂木 健一郎 加藤 徹

中央公論新社 2011-03
売り上げランキング : 229761

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  茂木健一郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『変革する哲学』 | メイン | 『怒る企画術!』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4430-3915915e
| メイン |