『召集令状』
- 2015/06/20(Sat) -
小松左京 『召集令状』(角川文庫)、読了。

久々の左京作品は、戦争を扱った短編を集めたもの。

SF作品にしては政治的なメッセージが濃いような印象も受けましたが、
しかし、やはりSFの大家、面白い作品がたくさんありました。

冒頭の「戦争はなかった」は、ある日突然、自分の周りから太平洋戦争の記録が消滅し、
周囲の人の認識からも消え、なかったことになってしまうという物語。
これを、異世界に飛んだとか、タイムトラベル的な要素を入れるとかという王道SFではなく、
「みんなが事実を封印しようとしているのではないか」というような発想に行くことが
新鮮で面白かったです。政治的な策略とかまで想像が膨らんでいくので。

「春の軍隊」は、日常生活に突如現れた戦争空間を描くことで、
戦争の異様な状況をデフォルメして示します。

「召集令状」は、真相が、かなり怖いSF作品でした。
目の前の不思議な事実の真相だけでなく、歴史的な大きな話にまで
一気に発展していくところが不気味でした。

「お召し」は前に一度読んでいるのですが、
内容を忘れていたこともあり(苦笑)、改めて面白く読めました。

これら良質な短編の間に挟まって、ショート・ショート風「コップ一杯の戦争」が
良いアクセントになっています。


召集令状 (角川文庫)召集令状 (角川文庫)
小松 左京

角川書店 1995-05
売り上げランキング : 843425

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  小松左京 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『官邸崩壊』 | メイン | 『知に働けば蔵が立つ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4425-3714dc8e
| メイン |