fc2ブログ
内P&ワーレコ
- 2006/11/27(Mon) -
『内P 人生の成功者適性検査』(2005年1月17日放送)
今回のオープニングは内村Pが壊れかかってます。
いきなり「オッス!オラ内Pだ!!」で始まりましたが、
出待ちの三村さんが「あの人、内Pなの?」とボソッと突っ込んでるのに笑いました。
そして、昨年の収録分だと暴露したあと「プイ」という意味不明の発言。
アレは何だったんでしょう?お疲れ?
さらに、いつものダメ出しから
「現状維持で良いんですか?」と優しい問いかけの末、
「夢の中へ行ってみたいと思いませんか?」。
ここにテロップの「うふっふ~」(SE付)に爆笑。陽水さん出てきた!
さて今回は心理テスト第2弾。
前回は大竹さんの内村さんへの異様な忠誠度の高さが印象に残りましたが、
今回は、内Pとしての衝撃度は少なかったような。
というか、設問に多少の疑問が・・・。
コーヒーに砂糖・ミルクを入れるのって好みの問題ですし、
野球のポジションも、一緒に野球やったことがある人なら
「この人このポジション好きだよな」なんていう先入観も生まれますからね。
ちなみに、内村さんが回答してる野球のポジションって、
『ピーナッツ』とほぼ一緒。すでに構想中だった?
「成功のために必要だと思うもの」で、
多くの芸人さんが「女性」の要素を挙げていたのには、なんだか納得。
顔相、手相はともに先生がノリの良い方で笑えました。
三村さん、120歳まで生きるって、芸人としてじゃなく人として凄いよ!
そして、長い知能線をお持ちの内村さん、湧き出る企画に今後も期待しますよ!!

『ワールドレコーズ』(2005年1月23日放送)
まずはびっくりボディbest4。
極細ウェストの奥様は他の番組でも見たことありましたが、
でぶストリッパーには笑いました。
出演者のびっくりボディでは、
勝俣さんの汗、ラサールさんののどちんこ、生瀬さんの人面喉に対抗して
内村さんのピリピリしびれている腕・・・って、それは症状です。
ロボットバトルでは、勝者ダイナマイザーの操縦者の男の子が
笑いのセンスも持ってるし喜怒哀楽の感情もあって、
何だか見ててホッとしました。
ロボット操っている子供って、なんだか無表情で大人びた子が多いので。
大一番で腕立てや「命」ポーズをやろうという心意気が良いですね。
今回から始まった「投稿タマゴ」のコーナー。
「金のタマゴ」のコーナーと何が違うの?と思っていたら、
どうやらお笑い要素を強く出してるみたいです。
「エレクトリカルパレード」は、中島さんご指摘の通り、
ほっぺ役の男の子が若干手持ち無沙汰にリズムをとってる姿が笑えました。
アラブの金持ちの話は、スタジオトークが無かったので割愛。
今回は、お笑い臭が強くて、面白かったです。

『内P 開店前野郎』(2005年1月24日放送)
「開店前のお店に侵入して遊んでしまえ」という発想が凄いです。
「夢企画」な感じが漂ってましたが、演者の皆さんも手探り状態でしたね。
本屋さん編では、あたかもBest3はちょっとやり難そうでしたね。
お題が3つ決まってるので。
そして早朝ロケで頭が回ってない様子。
その反動か、「○○なふかわにピッタリの一冊」では皆さん大はしゃぎ。
テンポ良かったです。
で、「採用」された本を別の台に置いていたので、
内P推薦コーナーでも作るのかと思ったら、そこには何も触れず。
ちょっと消化不良感。
慌しくお寿司屋さんへ。
ここではベルトコンベヤーが使いたかっただけ?
スタジオでもできたんじゃぁ?という疑問を持ちつつも
文字数のわからないあいうえお作文は、意外と面白かったです。
最後のペットショップでは、
仔犬にメロメロな内村さん。40歳とは思えない赤ちゃん言葉対応(苦笑)。
なんだか全体的にぼんやりした印象の回でした。
関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『妖のある話』 | メイン | スティング松岡危機一髪>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/442-6ffea2f2
| メイン |