『Googleの正体』
- 2015/06/06(Sat) -
牧野武文 『Googleの正体』(マイコミ新書)、読了。

Appleのことを調べなきゃいけないのに、
どうにも私はGoogleの方が好きなんですよね~(苦笑)。
というわけで、寄り道読書です。

Googleがどうやって設けているのか、
というか、そもそも何をやっているのかを解説した本です。

スティーブ・ジョブズとは異なり、
もともとラリー・ペイジもサーゲイ・ブリンも、それほど公の場でチヤホヤされるイメージではないため、
本作のようにGoogleの事業そのものにスポットを当ててしまうと、
やや無味乾燥な嫌いがあるというか、逆に誰が何をしようとしているのか見えず不気味というか。

Googleは、個人の顔が見えないところが、組織の強みであり、
また社会から少し不安視される原因なのかなと感じました。

個人的には、やっぱり、これだけの企業を作った人々の
生の言葉が知りたいという強い欲求を感じてしまう本でした。


Googleの正体 (マイコミ新書)Googleの正体 (マイコミ新書)
牧野 武文

毎日コミュニケーションズ 2010-01-23
売り上げランキング : 301966

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『これから20年、三極化する衰退日本人』 | メイン | 『iPhone vs アンドロイド』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4411-5f9bfbfe
| メイン |