『不幸な国の幸福論』
- 2015/05/31(Sun) -
加賀乙彦 『不幸な国の幸福論』(集英社新書)、通読。

お初でしたが、あんまり刺さってくる言葉がありませんでした。

なんだか、どこかで誰かが言っていたような印象の
古ぼけた内容のように感じてしまいました。

また、自身の患者さんなど特定の個人の経験を事例として紹介されると
確かに分かりやすくはなりますが、1事例を一気に一般化させるような論理展開は
ちょっと合理性に掛けるような気がして、ついていけませんでした。


不幸な国の幸福論 (集英社新書 522C)不幸な国の幸福論 (集英社新書 522C)
加賀 乙彦

集英社 2009-12-16
売り上げランキング : 112405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『コミュニティ』 | メイン | 『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4404-1724cddc
| メイン |