『COURRiER Japon 2015年 6月号』
- 2015/05/29(Fri) -
『COURRiER Japon 2015年 6月号』

出かけた先に置いてあったので、
時間があまりない中で、ざーっと斜め読みした感じです。

コンビニで見かけたときから、
特集記事のタイトル「誰もが信じているその「常識」を疑え。」は気になっていたのですが、
読んでみると、なんだか思っていたのと違う印象でした。

クリステンセン教授の記事は、もともとの「イノベーションのジレンマ」という考え方が面白いので
やはり面白く読みましたが、でも、目新しさという意味ではどうでしょうか。
他の特集記事も、あんまり、視野がパーッと開ける印象のものはなかったように感じました。
私の読み方が足りないのでしょうか・・・・・。

あと、第2特集の「ジョブズは本当に「独裁者」だったのか?」も、
ジョブズの独裁者としての面ばかりを強調する伝記については
一面的な見方しかしていないんだろうなと私も思いますが、
かといって、この特集記事のように一生懸命持ち上げられても、
同じ穴の狢のような印象で、どっちもどっちという感じでした。
もっと、多面的にジョブズを語ってくれる人は現れないのでしょうかねぇ。


COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2015年 06 月号COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2015年 06 月号

講談社 2015-04-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  COURRiER JAPON | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『放射能列島 日本でこれから起きること』 | メイン | 『勝手にふるえてろ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4400-1fc972ce
| メイン |