『通天閣』
- 2015/05/23(Sat) -
西加奈子 『通天閣』(ちくま文庫)、読了。

大阪の街の底辺近くで日々を送る40代の男と20代の女のお話。

それぞれの日常が、淡々と・・・・というか、ネガティブ臭を発散しながら
描かれていくので、前半を読んでいくのがしんどかったです。
自分の毎日を変えようという意志がないのに、周囲への視線が冷ややかなので、
読んでいると主人公たちと一緒に自分までもが堕ちていくような
いやーな気分になっちゃうんですよね(苦笑)。

この2人、いったい、どこで交わるんだろうか?と
段々しんどく感じるころになって、タイトルどおり通天閣界隈で接近するのですが、
うーん、なんだかバタバタしてて、私的にはイマイチな展開でした。

ちょっと、楽しみ方が良くわからないまま終わってしまった感じです。


通天閣 (ちくま文庫)通天閣 (ちくま文庫)
西 加奈子

筑摩書房 2009-12-09
売り上げランキング : 18482

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  西加奈子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『逃亡くそたわけ』 | メイン | 『シネマと書店とスタジアム』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4390-92fcd235
| メイン |