FC2ブログ
『ザ・フェミニズム』
- 2015/05/20(Wed) -
上野千鶴子、小倉千加子 『ザ・フェミニズム』(筑摩書房)、読了。

すごいタイトルの本である。
しかも、対談の片方が上野女史である。
フェミニズム論は得意ではないので、小倉女史については知見なしでした・・・・・。

さて、のっけからガンガンかましてくる両者。
お互いに賛同するところではテンポ良く掛け合いが進み、
相容れない意見には、すぐに食いつき、真意を確認し、それでも相容れないときは「反対」と明確に述べる。
ある種の潔さを感じる対談です。

私がフェミニズムを苦手とするのは、本対談の中で、「マスメディアによって拡散されたフェミニズム」
という位置づけで語られているフェミニズムの印象が強いからだと思います。
社会的弱者としての女性を強調しすぎるというか、全ての女性をひっくるめて議論してしまう強引さというか。

私自身は、お二人が批判的に語っている「女女格差」における「生存戦略」として
非常に利益志向なタイプに属すると自覚しております(苦笑)。
弱さを前面に押し出すタイプの女性は苦手ですし、一緒にして欲しくないなと正直思ってしまいます。
そこで、男性的な発想に近づいてしまうのは、私の頭の固さなのだとは思いますが。

フェミニズムが苦手な中でも、上野センセの著作はたまに挑戦してみようと思えるのは、
女性に対する見方が厳しいという点で客観性を感じられるのと、
立場や時代の違いを踏まえて、女性を一括りにしてしまわない丁寧さを感じられるためです。
それは、本作で、小倉センセの主張にも感じられるものでした。

この2人のそれぞれの主張自体には、やはり私は、全面合意も、強い共感も覚えませんが、
しかし、この2人が問題視しているポイントについては理解できるなと思います。
問題認識は納得できるけど、分析の結果重視するポイントや、その解決策には
同意できないという感じでしょうか。

ざくっと1回通して読んでみただけなので、この2人のスピーディで高度なやりとりが
なかなか消化できていない部分もありますが、知的好奇心にしっかりと応えてくれる
興味深い対談でした。


ザ・フェミニズムザ・フェミニズム
上野 千鶴子 小倉 千加子

筑摩書房 2002-03
売り上げランキング : 495222

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  上野千鶴子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『大きな熊が来る前に、おやすみ。』 | メイン | 『ヒア・カムズ・ザ・サン』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4387-7c928596
| メイン |