『被害者は誰?』
- 2015/05/10(Sun) -
貫井徳郎 『被害者は誰?』(講談社文庫)、読了。

貫井作品は、どうも、重たいものの方が私には合うようです。

本作は、警視庁捜査一課勤めの主人公が、学校の先輩に当たるイケメン・ミステリ作家に
事件解決をお願いするという安楽椅子探偵モノです。

で、このイケメン・ミステリ作家のキャラが、傲岸不遜というところで
ユーモアタッチの味付けになっているのですが、
この設定には、それほど目新しさを感じられませんでした。

事件というか、謎解きの方は、
犯人が誰か?というものではなく、
本作のタイトルどおり、被害者が誰なのかを推理したり、
目撃者が誰なのか、探偵が誰なのかを解き明かすという構成になっており、
この点は面白かったです。

ただ、事件自体が、イマイチ、この構成を成立させるために捻り出された感があり
そこは作り物めいていて、やや興ざめな感じも。

設定を重視するのか、物語を重視するのか、
なかなか難しいところですね。


被害者は誰? (講談社文庫)被害者は誰? (講談社文庫)
貫井 徳郎

講談社 2006-05-16
売り上げランキング : 316774

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  貫井徳郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『震える牛』 | メイン | 『乙女なげやり』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4377-01f50951
| メイン |