『小森生活向上クラブ』
- 2015/04/25(Sat) -
室積光 『小森生活向上クラブ』(双葉文庫)、読了。

タイトルと表紙絵から、なんとなく買ってしまった一冊。

くたびれた人生を送る中年男が、
ある日突然、殺人事件を起こしてしまい、そこから「天誅」のとりことなる・・・・。

ブラックユーモア小説ということなのですが、
前半のストーリー展開はなかなか面白かったです。

主人公が殺人に対して作り上げる「思想」は、まぁ、王道な印象ですが、
そこに巻き込んでいく周囲の人間との関係性が興味深かったです。
今の社会の問題を上手く捉えているというか。

ただ、終盤がイマイチ。

どんな風に話をエンディングに繋げるのか期待したのですが、
かなりスッポ抜けた感じを受けました。
え、それで終わり!?的な。

「思想」の発端を明かしておきながら、そこへの突っ込みが甘いように思います。
もう一捻りできたのではないかと思ってしまい、そこは物足りなかったです。


小森生活向上クラブ (双葉文庫)小森生活向上クラブ (双葉文庫)
室積 光

双葉社 2008-10-16
売り上げランキング : 772838

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ロコモーション』 | メイン | 『拝金』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4351-d90b15d6
| メイン |