FC2ブログ
『近代化と世間』
- 2015/04/18(Sat) -
阿部謹也 『近代化と世間』(朝日新書)、通読。

お、アベキン先生の新書だ!と思って
軽い気持ちで買ってきたら、かなり難解な内容でした・・・・。

なんだか、最近、「新書=サクッと読める」と思ってしまいがちですが、
私が大学生の頃は、新書は心して読まないと読み通せないものでした。
そういう意味では、骨のある昔ながらの新書です。

「世間」についての話は、
日本社会についての話が中心になるので、興味を持って読めるのですが、
ヨーロッパ社会の話となると、なかなか自分自身に引き寄せて読むことができず、
苦労してしまいました。というか、読み流してしまいました。

冒頭に、フーコーの「個人の成立」についての考え方を
アベキン先生なりに紹介しているパートがあり、そこは「なるほどぉ」と感じ入りました。
アベキン先生によるフーコー解説を読んでみたいなぁという気持ちになりました。


近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本 (朝日新書)近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本 (朝日新書)
阿部 謹也

朝日新聞社 2006-12
売り上げランキング : 423275

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  阿部謹也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『生物と無生物のあいだ』 | メイン | 『ヤッさん』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4344-46189eb3
| メイン |