FC2ブログ
『蝶々の纏足・風葬の教室』
- 2006/11/23(Thu) -
山田詠美 『蝶々の纏足・風葬の教室』(新潮文庫)、読了。

一文一文は短く簡潔なのに、なぜこんなにも奥行きのある表現ができるのでしょうか。
「この短い文章の中に、この単語を入れてくるのか!?」
「しかもそれを受ける単語がこれ!?」
日本語を自由自在に扱い、自分の色を余すところ無く出し切る作家さん。
素晴らしい!

「蝶々の纏足」は、2人の少女の呪縛の関係を縛られた側の少女の目で描いた作品。
周囲の視線を集め続けてきた女の子の持つ残酷さが、
その少女の引き立て役として存在してきた主人公の目を通して
際立った表現で描かれています。

「山田詠美、恐るべし・・・」との余韻に浸りながら
次の「風葬の教室」に移りましたが、これにはしてやられました。
私の中での山田詠美作品No1の「ぼくは勉強ができない」を抜いて、
堂々の一位になりました。

主人公の醒めて大人びたキャラクター設定、
「学校でのいじめ」というまさに「今」を語る舞台設定、
「お友達の女の子達」という集団が漂わせる腐臭、
学校の先生が曝す視野の狭さと自分本位さ、
自由奔放に生きているように見えて主人公に大きな影響を与えている家族たち・・・。

子供は純粋でも天真爛漫でもなく、純に残酷なのです。
そして小学生ともなれば、その残酷さの表出を演技で隠す術を身に着けるのです。
大人になれば、残酷さを表に現すことさえしなくなるのです。
主人公の少女は、一足早く大人になったので、
自分の中で残酷さを昇華できるようになったのでしょう。
想像での処刑という方法で。

起承転結が見事なまでに出来上がっている作品でした。
また、いじめられている少女を「おでき」に譬える
山田詠美の観察力、洞察力、表現力は圧巻です。

短い作品の「こぎつねこん」は、
短いがゆえに、得体の知れない恐怖を、主人公とともに感じることができました。


蝶々の纏足・風葬の教室
蝶々の纏足・風葬の教室山田 詠美

おすすめ平均
stars子どもの頃の切ない気持ち。
stars小学生がここまで達観してしまうのか・・・。
stars山田詠美っぽくない短編集
stars想い出の一冊
stars思春期の揺らめきを

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ぼくは勉強ができない
ぼくは勉強ができない山田 詠美

おすすめ平均
stars新しい青春小説の形
stars私もできんかったなあ・・・けれど
stars本の後ろの方ほどいい。
stars面白かった。
stars青春小説はこれでいいんです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  山田詠美 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
<<『本所深川ふしぎ草紙』 | メイン | 『地を這う虫』>>
コメント
--
TBさせていただきました。
自分自身懐かしく振り返ってみましたが、濃厚な味わい深さが蘇ってきました。
『学問』もよかったですよ。
2009/09/24 07:49  | URL | 時折 #-[ 編集] |  ▲ top

--
時折さま

CM&TBありがとうございます。
最近、Amy作品を読んでいないので、
見つけ次第『学問』にも挑戦してみます。
2009/09/25 00:49  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/434-a683426d
-山田詠美『蝶々の纏足・風葬の教室』「蝶々の纏足」-
蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫) 蝶々の纏足・断章 内容(「BOOK」データベースより) 私の心を束縛し、私の自由を許さない美しき親友のえり子。彼女の支配から逃れるため、私は麦生を愛し、彼の肉体を知ることで、少女期からの飛翔を遂げる「蝶々の纏足」。教室とい …
2009/09/24 07:44  時折書房 ▲ top

| メイン |