『旅の理不尽』
- 2015/03/31(Tue) -
宮田珠己 『旅の理不尽』(ちくま文庫)、読了。

著者の本は、シュノーケリング話から入ってしまった私ですが、
旅行エッセイが本職というか、メインの方です。
というわけで、自費出版で出したというデビュー作。

最初から、著者の斜に構えたスタイルが出来上がっています。
海外旅行のお話なのですが、旅行そのものや行った先の国の話というよりも、
旅先で見たこと、起きたこと、出合った人についての話が盛りだくさん。
そのため、日常オモシロエッセイの延長線上にあるような印象です。

世の中を少しナメた感じのスタンスで文章を書かれていますが、
相手が異文化の国ということになると、「こんな風におちゃらけて大丈夫だろうか」と
ちょっと読んでいて緊張してしまうことがあります。
ま、そこが自費出版の強みなのかもしれませんが。

さらっと書いてますが、著者が現地の人や、他の旅行者とすぐに仲良くなるというか、
距離の縮め方が凄いなと感心します。
それだからこそ、年上の女性にベッドで襲われたりもしているのですが(苦笑)。
しかも、20歳やそこらでの体験のようで、若くして異文化との壁を取り払う能力を
身につけているのはうらやましいなと感じました。

いろいろエッセイ作品を出しているようなので、
追いかけたいと思います。


旅の理不尽 アジア悶絶編 (ちくま文庫)旅の理不尽 アジア悶絶編 (ちくま文庫)
宮田 珠己

筑摩書房 2010-05-10
売り上げランキング : 122419

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  宮田珠己 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『LEAN IN』 | メイン | ダイビング@獅子浜>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4323-bd46e75b
| メイン |