『戦うハプスブルグ家』
- 2015/03/26(Thu) -
菊池良生 『戦うハプスブルグ家』(講談社現代新書)、通読。

父の本棚から持ってきて、ずーっと積読になっていた一冊。
たぶん、7~8年ぐらい(苦笑)。

さすがに・・・・・と思って手に取ってみたのですが、
やはり、興味関心が向かないと、読み通せないですね。

世界史の中でも、自分が苦手とする時代の話ですし、
ハプスブルグ家の支配という事象自体にも、あまり興味がなく・・・・。

教養のために・・・・、後学のために・・・・、
という動機付けではいかんですね。


戦うハプスブルク家 (講談社現代新書)戦うハプスブルク家 (講談社現代新書)
菊池 良生

講談社 1995-12-15
売り上げランキング : 257562

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『恨ミシュラン 上』 | メイン | 『日本とは何かということ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4318-54556fc4
| メイン |