『志高く 孫正義正伝』
- 2015/03/01(Sun) -
井上篤夫 『志高く 孫正義正伝』(実業之日本社)、読了。

ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズを考えたときに、
WindowsやMACといった「モノ」が思い浮かぶので、その成功のきっかけをイメージしやすいのですが、
果たして、孫正義という人物は、何をもって事業成功のきかっけにしたのか・・・・・・
そこがよく分かっていませんでした。

同じ日本人の実業家でも、
三木谷さんは楽天を立ち上げ、堀江さんはHP制作会社で成功を収め、とっかかりが分かりやすい。
でも、孫正義氏の「翻訳機」って、一体何なんだ!?とずーっと疑問に思ってました。

「音声機能付き他言語翻訳機」って、つまりは音声の出る電子辞書ってことなんですかね?
単語ではなく文章で表現されるものなのかな?
英訳機能がネット上で無料で利用できる今から見ると、
どこに画期的な技術があるのか上手くイメージできないのですが、
当時の容量の少ない回路で言語データと音声データを結びつけて文章化するというのが
大変だったということなのでしょうかね?

結局分からずじまいでしたが(苦笑)、
しかし、孫正義という人物の圧倒的な行動力は本作から良く分かりました。

目標を定めてからの行動力が凄まじいです。
スピードと行動量ともに、凡人が真似のできないレベルです。
そして、そもそもの目標設定自体が非常に高く、また相当な将来を見据えて設定されています。
それを自信を持って信じ込む胆力。
うーん、素晴らしい。

先を見て目標を立て、そこに必要な人を巻き込んでいく実業家は、
裏側で素晴らしい段取り力を発揮しているはず、
決して、その場の思いつきでの行動力が高いわけではないはずなのですが、
本作では、その裏側の周到な準備の様子があまり描かれなかったことは残念。

偉大な人物は、思いも寄らないことをやるから偉大なのではなく、
やるべきことを十分にきちんと徹底的にやるからこそ偉大なのだと思います。


志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫)志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫)
井上 篤夫

実業之日本社 2015-01-31
売り上げランキング : 154

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<内さま | メイン | 『現実入門』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4292-24537d1b
| メイン |