FC2ブログ
『みちのくの仏像』展
- 2015/02/22(Sun) -
今年最初のトーハクは、『みちのくの仏像』展に行ってきました。

M5812684 (1024x768)

『見仏記』の中で、独特の仏像文化があると、みうら&いとう両氏が力説していた東北から
仏さまが来るとあらば、見に行かずにはいられません。
まさに『見仏記』で訪れた寺からの出展もあり、興味深々です。

本館での展示ということで、規模はこじんまりしていましたが、
1つ1つが立派な仏像であり、迫力がありました。
ポスターに登場している黒石寺の薬師如来坐像は、
その黒々とした輝きに威圧感さえ感じました。

M5812686 (1024x768)

みうらさんが本の中で熱弁していたように、
本当は信仰する者が眺める本来の位置からということで、
座って下から見上げるように鑑賞したかったのですが、
さすがに展示場でそれはできないので、下から覗き込むように見てみました(笑)。

そのようにして見たときに、一番印象に残ったのは
成島毘沙門堂の伝吉祥天立像です。
美しい柔和なお顔と、女性らしい丸みを帯びた豊かな体型、
そして、左右の足が少しだけ前後になっていることもあって
なんだか自分の方に歩いてくるような錯覚を覚えます。
これは見事な像でした。

他にも、本山慈恩寺の十二神将は4体が来ていたのですが、
特に寅神の表情と動きが素晴らしく、行ったり来たりして眺めてしまいました。

やっぱり仏像は、面白いですねぇ。


上野に行くのに湯島を通ったのですが、
梅がそろそろ咲き始めており、日中の陽気もあって、春の訪れを感じました。

M5812680 (1024x768)
関連記事
この記事のURL | 美術展 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<鈴本演芸場2月下席夜の部 | メイン | 『小売業界ハンドブック』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4284-d65415ed
| メイン |