『ネットVSリアルの衝突』
- 2015/02/15(Sun) -
佐々木俊尚 『ネットVSリアルの衝突』(文春新書)、読了。

リアル世界で大きな存在になってきたネット世界との
対立の姿、もしくは、それを経ての共存の姿を描いた本かと思ったのですが、
半分以上をWinny事件の解説に費やしており、
マクロとミクロの視点が、読む側と書く側で全然かみ合いませんでした(苦笑)。

Winny事件自体、金子被告の哲学を通して考えると
非常に興味深いテーマだとは思うのですが、
なんせ頭がマクロモードになっていたのでニーズ違いでした。

タイトルの付け方が良くないのだと思います・・・・・。

後半のインターネットの歴史や、各国政府の思惑、政策の変遷のようなところは、
ニーズと近い視点だったので面白く読みました。

たとえ国家権力が相手であろうとも、
ネット社会の思想や哲学を踏みにじるような行為をとると、
ネット社会全体が反旗を翻すというのは、
まさに「革命」と呼ばれる名に相応しい権力の移行の姿だなと思いました。


ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか (文春新書)ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか (文春新書)
佐々木 俊尚

文藝春秋 2006-12
売り上げランキング : 628627

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  佐々木俊尚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『金融緩和の罠』 | メイン | 『ハヅキさんのこと』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4275-2763831b
| メイン |