FC2ブログ
『創造はシステムである』
- 2015/02/12(Thu) -
中尾政之 『創造はシステムである』(角川ONEテーマ21)、読了。

最初に「創造」という言葉の著者なりの定義が行われるのですが、

自分で目的を設定して、自分にとって新しい作品や作業を、新たに造ること

この定義をもって、著者は、自分がポルトガルに出張した経験も創造であると言います。

う~ん、日常の様々なことをポジティブに捉えようとする心構えは大事だと思うのですが、
それを「創造」というような、これまた解釈の多様な日常用語で定義されると、
逆に何を言わんとしているのか分かりにくくなっちゃってるような気がします。
もっと非日常的な言葉、何なら横文字でも良いぐらいですが、
他の解釈が入り込まないような言葉を使って欲しかったなと思います。

とまぁ、入り口のところで躓いてしまったのですが、
その後に続くポルトガル出張での飛行機トラブルへの対処を事例とした
課題解決に向けた思考と行動のプロセスの解説は、分かりやすかったです。

具体事例を用いた解説はすんなり頭に入ってくるので、
最初の躓きのところは、何だか、理系のセンセが文学的要素を取り入れようとして
失敗しました・・・・・・みたいに見えてしまいました。

若輩者が失礼な物言いですね(苦笑)。


創造はシステムである 「失敗学」から「創造学」へ (角川oneテーマ21)創造はシステムである 「失敗学」から「創造学」へ (角川oneテーマ21)
中尾 政之

角川グループパブリッシング 2009-05-09
売り上げランキング : 473950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『大局観』 | メイン | 『深き思索 静かな気づき』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4271-4474f198
| メイン |