『M2 我らの時代に』
- 2015/01/24(Sat) -
宮台真司、宮崎哲弥 『M2 我らの時代に』(朝日文庫)、通読。

この2人の組み合わせは重そうだなぁ・・・・・・と思い、
買ってきたものの積読状態でした。
意を決して手に取ってみたものの・・・・・・難解!

以前、宮台センセの本を読んだときにも感じたのですが、
話のレベルがリーダーフレンドリーではないんですよねぇ。
非常に、読者を選ぶ感じです。

最後の方に、「この対談は啓蒙モードで始めた」との発言が出ていましたが、
新たな読者を獲得するための啓蒙というよりは、
以前より宮台センセの思想に興味関心がある人たちを引き上げるための啓蒙だなと。
つまり、私は読者層に想定されていない(苦笑)。

宮台センセと宮崎センセの間で繰り広げられるコムヅカシイ思想の応酬と、
一方で、非常にマニアックなサブカル的知識のひけらかし合いという
両極端なやりとりに、この中間を自分で探っていくのは無理だ・・・・・と
諦めてしまいました。

時事ネタを中心に対談をしているので、
思想の全体感を掴むのも難しく、これはファンじゃないと無理だなと流し読みで終わりました。


M2 われらの時代に (朝日文庫)M2 われらの時代に (朝日文庫)
宮台 真司 宮崎 哲弥

朝日新聞社 2004-06-18
売り上げランキング : 337223

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『THE21』 | メイン | 『プリティ・ブライド』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4242-84a83812
| メイン |