『さあ、才能に目覚めよう』
- 2015/01/27(Tue) -
マーカス・バッキンガム、ドナルド・O・クリフトン 『さあ、才能に目覚めよう』(日本経済新聞出版社)、読了。

いただきものの本です。
自己啓発系の本はあまり読まないので、
こういうのを他の人からいただくと、意外な気づきがあったりして面白いです。

自分の強みをいかに活かすか、それにより組織内でどれだけ成果を上げるかという
ポイントに焦点を当てた本です。
弱みの克服ではなく、あくまで強みを伸ばすことに集中!

ま、確かに、弱みの克服のために勉強したり実習したりするのは、
結構、忍耐を要するものが多くて、ストレスフルですよね~。
弱みについては、赤点を取らない程度に補うというように割り切るほうが
効率的だし精神的にも健康な気がします。

ただ、なかなか割り切れないところもあるんですよね。
自分の周りの特に同じような年代の人が、自分にはできないことを上手くやっていると
うらやましく、時には妬ましく思ってしまうものです。
自分が無関心な領域なら放っておけばよいのですが、仕事の領域だったりすると
何だか自分が出来の悪い子のように思えて、卑下してしまいます。

ここは、何でも完璧にこなせる人は世の中に居ない!と自分を納得させて、
これまでウジウジ悩むことに使っていた時間と体力を、
他の人にはない自分だけの強みを手に入れ、その活用の仕方を身に付けることに向けるべきです。
・・・・・・と、自分を説得するための読書となりました。

まずは、強みというものを「常に完璧に近い成果を生み出す能力」と定義し、
まぐれによる成功の可能性を排除し、コンスタントな能力発揮を要求します。
確かに、これは大事な要素ですね。
その能力について、自分自身が常に信じることができるかというのは、
自信を持って行動できるか否か大きな分かれ目になりそうです。

そして、著者が所属する組織がインタビューを行った8万人のマネージャー層の分析結果から、
強みを34のパターンに分類しています。
そして、インタビュー対象のマネージャーの具体的な行動様式を紹介することで、
なるほど、こういう特性が結果に繋がるのか!と理解しやすい解説がついています。
このあたりは、読み物として非常に面白かったです。

で、何よりも、この本の売りは、自分自身の強みの分析をWEB上でできるということ。
約180個の質問に回答することで、34のパターンのうち当てはまる上位5つの強みが分かります。

私自身、挑戦してみましたが、ま、結果は事前に自分で予想した範囲内に収まりました。
なので、「えっ!本当はこれが強みだったの!?」みたいな新鮮な発見はありませんでしたが(苦笑)
でも、自分が思っていた優先順位とは少し違っていたところもあり、
自分がどういう順番で判断軸を置いているのかは、少し認識を改めました。

自己認識の再整理には、面白い読書&経験になると思います。


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
マーカス バッキンガム ドナルド・O. クリフトン 田口 俊樹

日本経済新聞出版社 2001-12-01
売り上げランキング : 79

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『想像力なき日本』 | メイン | 『国家情報戦略』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4236-6d978c5d
| メイン |