『「まずい!」学』
- 2015/01/16(Fri) -
樋口晴彦 『「まずい!」学』(祥伝社新書)、読了。

失敗学というのは、一気に浸透しましたね。
何がターニングポイントだったのか、気になるところです。

さて、本作は、実例を用いて、具体的に何が良くない行動だったのかを分析する本です。

ニュースで過熱報道気味に取り上げられていた事例を使っているので、
それなりに知識のあるところから始まって、理解がしやすいのと、
一方で、分かったつもりになっているだけで、事件の本質は全然別のところにあったりして、
目からウロコというものもありました。

思い込み、分かったつもりでは、再発防止はできない、むしろ逆効果ということが
自分の反省も踏まえて実感できました。

事例紹介に特化しているので、
それほど理論として体系だったものを学べるわけではないですが、
企業なりの組織に属するものとしては、こういう個別具体的な事例解説が役立ちます。


「まずい!!」学―組織はこうしてウソをつく (祥伝社新書)「まずい!!」学―組織はこうしてウソをつく (祥伝社新書)
樋口 晴彦

祥伝社 2007-07
売り上げランキング : 404551

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『飛行士たちの話』 | メイン | 『本当はちがうんだ日記』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4233-1ccad7c3
| メイン |