動物礼賛
- 2015/01/12(Mon) -
『動物礼賛』展

新年最初の美術展は、根津美術館に行って来ました。

M5812645 (1024x768)

動物をモチーフにした美術品たちを紹介しており、
未年ということでメインは羊です。

M5812649 (1024x768)

大英博物館と根津博物館の所蔵品2点しか世界に存在しないという
「双羊尊」が2点並べて展示されています。
2頭の羊が背中合わせになっている意匠の酒壺?なのですが、
不思議な神聖さを漂わせています。
紀元前13~11世紀の作品ということで、3000年前のものです。
いやぁ~、3000年前に青銅でこれだけのデザインを作り出す技術があることが
想像できません。中国の文明の高さが分かります。

これ以外にも、実在の動物から架空の動物まで、
様々な意匠を凝らした青銅器が並んでおり、そのデザイン性に魅入られてしまいました。
今まで、青銅器という分野や、また紀元前という古い時代の作品に対して
興味を持ったことがなかったのですが、こんなに面白いジャンルだと気づくことができ、
今日の美術展に行ったことは大正解でした。

M5812646 (1024x768)

本当は日本画の方を目当てに見に行くつもりだったのですが、
青銅器のインパクトにより、日本画の印象は霞んでしまいました。

M5812643 (1024x768)

関連記事
この記事のURL | 美術展 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方』 | メイン | 『ご臨終メディア』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4230-429e9e16
| メイン |