『明治・大正・昭和 華族事件録』
- 2015/01/09(Fri) -
千田稔 『明治・大正・昭和 華族事件録』(新潮文庫)、読了。

明治、大正、昭和前半の間に起きた
様々な華族の事件について収録しています。
その内容は、刑事事件から不倫、自殺、婚姻トラブル、左翼活動など多岐に渡ります。

よくもまぁ、これだけの事件を調べたなと感心するのですが、
一方で、センセーショナルな事件を紹介することに主眼が置かれていて
言ってしまえばワイドショー的な関心で構成されています。

なので、読み終わってみて、華族という存在が立体的に掴めるような
分析なり考察がなされているかというと・・・・・・・。
というわけで、興味本意は満たしてくれますが、
知的好奇心には物足りない一冊です。

あと、文章があまり面白くないです。
ストーリーテリングの妙はないですし、スポルタージュのような迫力もなく、
しかし、やたらと文量が多いので、読むのに非常に時間がかかりました。


明治・大正・昭和華族事件録 (新潮文庫)明治・大正・昭和華族事件録 (新潮文庫)
千田 稔

新潮社 2005-10
売り上げランキング : 205631

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『日経ビジネスアソシエ1月号増刊』 | メイン | 『胸の中にて鳴る音あり』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4224-22af3fe9
-2014年7月の読書 その2-
思い出したように書いております(大汗) ○新読 パロール・ジュレと魔法の冒険 著 …
2017/08/10 14:08  昼寝の時間 ▲ top

| メイン |