『逆パノプティコン社会の到来』
- 2014/12/30(Tue) -
ジョン・キム 『逆パノプティコン社会の到来』(Discover携書)、通読。

「パノプティコン」なんてフレーズが目に飛び込んできたので、
お、フーコーの思想で現代のSNS社会を考察するのか!と期待して買ったのですが、
逆パノプティコンの話は冒頭にちらっと原義のパノプティコンの解説とも言えない程度の
紹介文が書かれているだけで、全くの肩透かしでした。

ウィキリークスによる政治事件の暴露の事例や、
フェイスブックを介した革命的な運動の事例をあれこれ紹介しているだけで、
言ってしまえば、出来の良い「まとめサイト」のレベルです。

うーん、残念。

事例を知りたいという人には手頃な本だと思います。


ウィキリークスからフェイスブック革命まで 逆パノプティコン社会の到来 (ディスカヴァー携書)ウィキリークスからフェイスブック革命まで 逆パノプティコン社会の到来 (ディスカヴァー携書)
ジョン・キム

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2011-04-16
売り上げランキング : 231063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『日本の大問題が面白いほど解ける本』 | メイン | 『A businessman's Handbook of English』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4210-15035ea9
| メイン |