『天才スピヴェット』
- 2014/12/23(Tue) -
『天才スピヴェット』

渋谷へ観に行ってきました。

『アメリ』の監督さんの最新作ということで、
奇想天外な天才いたずらっこを想像していたのですが、
結構、冒頭からしんみりとしたものが足元に横たわるような見せ方で、
しかも発明云々よりも、10歳の男の子による北米大陸横断のロードムービー的な要素が強く、
ちょっと思っていたものと違ってました。

なので、前半は、なかなか進まない話に、少し不安な感じが・・・・・。
このまま終わっていったらどうしようかと。

しかし、スピヴェット君が、ロッキー山脈のふもとからワシントンDCへの
貨物列車(無賃乗車!)の旅を決行してからは、
これは10歳の男の子が弟との辛い記憶を過去に埋めて前を向く成長譚なんだと
観ているこちらも腹をくくれたので楽しめました。

スミソニアンの女性責任者とのかけあいでさらに面白くなり、
最後のお父さん、お母さんとのシーンでは、じーんと来ました。
この家族なりの形というものがあるんだなと。

前半、ややもっさりしてて退屈に感じるところもありますが、
後半でしっかり見せてくれる作品でした。

あと、わたくし、この作品で、ようやく初めて3D映画というものを見たのですが、
確かに子供の頃に見た飛び出す映画よりはきれいだと思いましたが
そんなに大騒ぎするほどのことかなと感じてしまった面もあり・・・・。
この立体感は、映画という表現手法において、それほど大きな意味があるのかなぁと
疑問に感じてしまいました。
『アバター』とかを見てから言うべきですかね?(苦笑)


ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンA 天才スピヴェット 光沢プリントポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンA 天才スピヴェット 光沢プリント

写真フォトスタンド APOLLO
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL | 映画 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<『ドラッカーとシュンペーター』 | メイン | 『現代語訳 論語と算盤』>>
コメント
--
面白そうです。アメリも好きだったのでぜひ見てみたいと思います。良い映画を紹介していただいてありがとうございます。
2014/12/24 20:50  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

--
CMありがとうございます。
なかなか切ないお話に仕上がっています。
2014/12/25 22:08  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4197-63045e9f
| メイン |