『わらくば日記』
- 2014/12/21(Sun) -
朱川湊人 『わらくば日記』(角川文庫)、読了。

久々の朱川作品は、超能力系のお話。

人や物が持つ過去の記憶を見に行くことができる少女。
彼女の能力を、妹、友達、警察が頼ってきて・・・・・・。

このような特殊能力にありがちな、使いすぎると肉体的な害が大きいという設定は
全能性に対する制約条件としてイマイチだなぁ・・・・・と思っていたのですが、
物語の主眼が謎解きではなく、その場面に置かれた人間の心理状況を理解することにあるので
面白く読めました。
この特殊能力は、味付け程度の位置づけに上手く置かれていたと思います。

昭和30年頃の日本を舞台にし、
さらに主人公の姉妹が、貧しいながらもしつけの厳しい母に育てられ
「母さま」「姉さま」などと呼んでいるような古風な家庭です。
そのような味付けも、上手く生きているように感じました。

この母子家庭で、父親は遠くに居ることがちらりと述べられていますが、
「その話はまた今度」と言ったっきり本作では出てこなかったので、
既に相当長期のシリーズ化が決まっていたのでしょうかね。
父親問題が片付かなかったのが、ちょっとモヤモヤしています(苦笑)。

警察官の秦野くんは、少し残念なキャラクターに追いやられてしまいましたが、
母さま、茜ちゃん、本庁の神楽さん、村田のおばさん、クラさん等、
脇役たちも活き活きと作品の中で動いていて、楽しかったです。

続編も楽しみです。


わくらば日記 (角川文庫)わくらば日記 (角川文庫)
朱川 湊人

角川グループパブリッシング 2009-02-25
売り上げランキング : 148970

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  朱川湊人 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『COURRiER Japon 2015年 1月号』 | メイン | ダイビング @伊豆大島>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4194-e5472d50
| メイン |