FC2ブログ
『ららら科学の子』
- 2014/12/20(Sat) -
矢作俊彦 『ららら科学の子』(文春文庫)、読了。

タイトルと表紙絵に惹かれて買ってきたのですが、
タイトルと中身とのギャップを感じてしまい、最後まで違和感がありました。

お話自体も、学生運動で殺人未遂の罪に問われた主人公が
中国へ脱出し、30年後に日本に戻ってくる・・・・・という設定は面白いと思ったのですが、
主人公は30年という時間に対して、「結局は昔とたいして変わっていない」という評価をし、
30年間の日本をやんわりと否定し、また学生運動の頃の自分を肯定します。
この価値観が、私には合いませんでした。

著者は、年齢からすると、東大の受験が行われなかった年の受験生ですよね?多分。
当事の学生運動に対する著者のノスタルジーが溢れすぎていて、
私は拒否感を覚えてしまいました。

あの頃の学生運動(というか運動をしていた人々)に対しては、
私はやはり否定的な文脈で見てしまうので、
あまり本作を楽しむことができませんでした。
小説としてはしっかりとした作りだと思います。

読み終わるのに1週間かかっちゃいました・・・・・・・。


ららら科學の子 (文春文庫)ららら科學の子 (文春文庫)
矢作 俊彦

文藝春秋 2006-10
売り上げランキング : 258599

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ダイビング @伊豆大島 | メイン | 『快楽の動詞』>>
コメント
--
大変参考になりました!
2020/10/18 02:55  | URL | dorogubaテニス #GWMyNl/.[ 編集] |  ▲ top

--
dorogubaテニス様

CMありがとうございます。
2020/10/21 01:15  | URL | かもめ組 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4188-e9fa909c
| メイン |