『日経新聞の裏を読め』
- 2014/12/11(Thu) -
木下晃伸 『日経新聞の裏を読め』(角川SSC新書)、読了。

何度か書いているように異動になったのですが、
勤務地も変更になったので、引越しをしました。
問題なく通える距離ではあったのですが、乗り換えせずに楽をしたいので、
徒歩15分ぐらいの距離を引越しです(笑)。
ま、一人暮らしの良いところですね。即断即決。

で、この機会に、日経新聞の配達を止めて、電子版に切り替えようかと思いました。
が・・・・・・、ネットの新聞って読まないですね。
異動直後のために、職場で慌しく、落ち着いてネットが見られない環境にあるのも一因ですが
強制的に現物が届けられるのと、自分でWEB環境に見に行くのでは、
読もうとする行為までの距離感が相当に違うと実感しました。

まだ有料版の電子サービスには申し込んでいないので、
「見ないということは、要らないということなのかも・・・・」と思い、
もう購読を止めてしまおうか迷っていました。

で、本作です。
結論は「購読しろ!」になることは分かりきっているのですが、
神媒体か電子版かの見極めができるかなと思って読んでみました。

様々な情報の活用の仕方や情報の取り方が紹介されているのですが、
自分の興味で最初にフィルターをかけてしまう電子版よりも、
物理的に全部の記事が目の前に現れる紙媒体のほうが
やはり私の性格には向いているような気がしてきました。
特に、「知らなかったことを知る」「新しい分野に興味を持つ」という点では・・・・。

月額料高いし、ゴミ捨てが面倒ですが、配達をお願いしましょうかねぇ。

あ、あと、日経新聞云々という宣伝を除いて考えると、
この本は、ビジネスマンとしての情報感度の高め方みたいな話は
結構、勉強になると思います。


日経新聞の裏を読め (角川SSC新書)日経新聞の裏を読め (角川SSC新書)
木下 晃伸

角川SSコミュニケーションズ 2007-10
売り上げランキング : 215062

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『「わかる」技術』 | メイン | 『あべこべ感覚』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4185-d315c963
| メイン |