『雨に唄えば』
- 2014/11/07(Fri) -
『雨に唄えば』

ミュージカル映画の名作とされる本作ですが、
実は、どんなお話だか良く知りませんでした。

ドラマ部分の展開や演技を見ていると
なんだかコントのような印象を受けるのですが、
ダンスシーンになると、ぐっと引き込まれました。

ウンナンさんが学生時代にタップダンスを学ぼうとしてたのが、理解できました。
こりゃ、格好いいわ。
躍動感もリズム感も素晴らしいですし、アクロバティックな動きに見とれてしまいます。
とにかく皆さん、芸達者。エンターテイナーです。

この作品を敬愛しているウンナンさんが
いろいろと器用にダンスやアクションをこなすのも理解できました。
この動きは、真似してみたくなりますわ。
ま、想いだけでは、素質がなきゃダメなんですけど。

映画の時代設定も、トーキー映画が商業化された頃ということで、
アメリカのエンターテイメントの世界が大きく変革しようとしている
まさにそのエネルギーを画面いっぱいにぶつけた印象です。

アメリカはすごい!!と、なんだか昭和な感想を抱いてしまいました(笑)。


雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション [DVD]雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2002-11-08
売り上げランキング : 1030

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイビング @福浦 | メイン | 『レヴォリューションNo.3』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4141-30d2738c
| メイン |