一橋フォーラム21
- 2014/11/05(Wed) -
一橋フォーラム21 『考えよう!国際通貨問題⑤』(2014年11月5日受講)

シリーズ5回、全部に出席できたのは今回が初めてかも。
(遅刻はしましたが・・・・・)

今日は、小川英治教授ということで、会社からダッシュで向かいました。
なんたって、黒田バズーカ2の炸裂直後ですからね!
今回の国際通貨問題というシリーズテーマは、まさに時期的にドンピシャでした。

本日は、短期的なタームで金融政策を考えるということで、
リーマンショック以降のドル、ユーロの動きの解説や、
日本の異次元緩和のこれまでの成果と今回の追加緩和の効果予測について
解説をしてもらいました。

金融政策というのは、タイムリーに解説を聞いて勉強していかないと、
どんどん新たな展開が生まれてきて、すぐに話についていけなくなりますよね・・・・・。
ただでさえ苦手な分野なので、今回の講義は助かりました。

もう1回、レジュメを読み通して復習ですな。


グローバル・インバランスと国際通貨体制グローバル・インバランスと国際通貨体制
小川 英治

東洋経済新報社 2013-03
売り上げランキング : 462601

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL | 一橋大講座 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『行動学入門』 | メイン | 『水の自然誌』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4138-339f2bcd
| メイン |