『社長になる人のための経理の本』
- 2014/10/19(Sun) -
岩田康成 『社長になる人のための経理の本』(日経ビジネス人文庫)、読了。

なかなかドギツイ名前の本です。
オジサマがた、ブックカバーなしでは読みにくいのではないでしょうか(笑)。

とあるメーカーさんの管理職研修の場を舞台に、
営業部長、開発部長、業務部長といったメンバーを前に、
経理部の次長が経理の要点について講義をするという構成になっています。

冷静になって考えると、
「この規模の大メーカーの部長職が、こんな程度の会計知識レベルで大丈夫なのか!?」と
思ってしまいますが(苦笑)、対話形式なので読みやすいです。

教科書形式だと、分かったものとしてどんどん話が進んでしまい、
淡白なというか、味気ない記述になってしまいますが、
対話形式であれば、著者として気をつけて欲しいところを質問させるようにして
繰り返し注意喚起できるところが長所なのかなと。
上手く書かないと冗長になってしまいますが。

なので、「この本ではこういうことを伝えたい!」とか、「経理のキモはここだ!」とか
著者に何かしらの思いがある場合には、良いスタイルなんだなと思いました。

内容は初歩的でしたが、面白く読めました。


社長になる人のための経理の本 (日経ビジネス人文庫)社長になる人のための経理の本 (日経ビジネス人文庫)
岩田 康成

日本経済新聞出版社 2008-05
売り上げランキング : 109574

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『M&A入門』 | メイン | 『私でも面白いほどわかる会社の数字』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4109-07dd1107
| メイン |