『遅れてきた青年』
- 2014/10/14(Tue) -
大江健三郎 『遅れてきた青年』(新潮文庫)、通読。

今年もまた、ノーベル文学賞で、候補者に村上春樹氏の名前が取りざたされていましたが、
「なーんか、そんなにスゴイ作家さんなのか、よう分からんわぁ」てなもんです。
で、この、「よう分からんわぁ」路線に乗っているノーベル文学書作家ということで
手元にあった大江作品に挑戦。
ま、「よう分からん」の意味は、春樹作品と、大江作品とでは違うのですが・・・・・。

で、結局、今回も脱落・・・・・。
前半の子供時代の部分で、すでに、「なんでこんな展開になっていくんだろうか・・・・」と
ついていくことができず、ほぼ流し読み状態でした。
流し読みでも、最後まで行くのに1週間近くかかってしまいました。

第二部冒頭の教護院のくだりは、
主人公の心理描写とか、教護院の子供たちの反応とか、教官の様子とか、
結構面白く読めたのですが、そこがピークでした。

学生運動の話とか、なんだか、うんざりしてしまうようなお話で。
ま、これは、父の世代への反発を自分が持っているからかもしれませんが。

というわけで、大江作品は、そろそろ諦めるべきかもしれませんね。


遅れてきた青年 (新潮文庫)遅れてきた青年 (新潮文庫)
大江 健三郎

新潮社 1968-11-27
売り上げランキング : 504397

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  大江健三郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義』 | メイン | 津まつり 2014>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4092-fbd02156
| メイン |