FC2ブログ
『フルハウス』
- 2006/10/28(Sat) -
柳美里 『フルハウス』(文春文庫)、読了。

初めてこの方の作品に触れました。
訴訟問題等、ニュースになっている面の印象が強かったので、
これまで何となく遠ざけてしまっていたのですが、
本作は裏表紙に「家族の不在をコミカルに描いた」とあったので、
読んでみました。

ところが・・・
読後感は、「重い」「不気味」「しんどい」でした。

冷静な文章で綴られているので、
地に足が着いた世界が描かれているのですが、
突如、平穏な生活には違和感のある瞬間が登場してきます。
「きみに性的虐待はしていない」と不意に娘に言い訳する父親、
肩を掴んで話しかけてくるジョギングの男、
テレホンショッピングの商品を薦める電話を架けてくる不倫相手の妻・・・。
この異様な瞬間も、同じく冷静な文章で描かれていて、
こちらも読み進めてしまうのですが、
その場面を想像すると、なんともいえない不安な心持ちになります。
滑稽さが狂気を増大させているような。

凄い才能を持った作家さんだと実感しましたが、
今後、自分が彼女の作品を読んでいけるかは、正直なところわかりません。

フルハウス
フルハウス柳 美里

文藝春秋 1999-05
売り上げランキング : 220185

おすすめ平均 star
star醒めた視線
star家族の再構築
star「家族」って?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  柳美里 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<ウンナンタイム | メイン | 『はみ出し銀行マンの勤番日記』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/406-25d7b41c
-柳美里-
1968年6月22日-) は、神奈川県出身の在日コリアン|在日韓国人の劇作家、小説家である。国籍は大韓民国|韓国。横浜共立学園高校中途退学。東京キッドブラザースに入団。後に演劇集団青春五月党を旗揚げ。1986年、『水の中の友へ』で劇作家としてデビューした。1996 …
2007/08/21 14:24  あやねの部屋 ▲ top

| メイン |