『探偵はバーにいる』
- 2014/09/29(Mon) -
東直己 『探偵はバーにいる』(ハヤカワ文庫)、読了。

映画化されて盛り上がっていたので
原作も面白いんだろうなと期待して読んでみたら、イマイチでした・・・・・・。

謎解きとしての展開が、あんまりハラハラできなくて。
登場キャラクターたちは、そこそこ面白かったのですが。

うーん、札幌のローカル性が受けてた面が強かったのでしょうかね。

そもそも時代設定が良く分からなくて、世界観に入れなかったのが
いけなかったのかもしれないです。


探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)
東 直己

早川書房 1995-08
売り上げランキング : 140310

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『いま、すぐはじめる地頭力』 | メイン | 『感染遊戯』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4057-6f15e5d8
| メイン |