FC2ブログ
『潮騒』
- 2006/10/26(Thu) -
三島由紀夫『潮騒』(新潮文庫)、読了。

相当久しぶりに三島由紀夫作品を読んだのですが、
物語の中身云々の前に、
「こんなに読みやすい日本語を書ける人なんだ・・・」
ということに驚きました。
(大作家に向かって失礼な感想なのですが)
『金閣寺』『仮面の告白』などを読んだときの遠い記憶では
結構、苦労したような気がします。

ストーリーについては、
我が出身地・三重県の小島が舞台となれば、無条件に引き込まれずにはいられません。
それにしても、歌島の人々の純粋な生活は、
今の自分の生活とはあまりにもかけ離れたものでありながらも
「そんな生活もあるだろうな」と納得できてしまう描写力に感動。

また、観敵哨での「その火を飛び越して来い」のシーンに突き当たったとき、
「ウンナンのコントで時々出てくるシーンは『潮騒』から来てたのか!!」と
三島センセイに怒られそうな感想を抱いてしまいました。
あの二人なら小説より映画のほうでしょうけれども。


潮騒
潮騒三島 由紀夫

新潮社 1955-12
売り上げランキング : 36383

おすすめ平均 star
star歌島を思い浮かべながら読むことができる青春小説
star今まで読んだ恋愛云々の本では一番かっちょよい本!秀逸!
star三島文学の登竜門。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

金閣寺
金閣寺三島 由紀夫

新潮社 1960-09
売り上げランキング : 25704

おすすめ平均 star
starズバリ
star美の本質を見つめる名作
star金閣には迷惑?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

仮面の告白
仮面の告白三島 由紀夫

新潮社 1950-06
売り上げランキング : 49855

おすすめ平均 star
star女からみた公威クンの誤算
starこの虚構性、過剰さこそ、まさに三島文学のエッセンス
star人格は一つではない。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  三島由紀夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『はみ出し銀行マンの勤番日記』 | メイン | 『親鸞 その人と思想』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/404-54d63fc7
| メイン |