『空白の桶狭間』
- 2014/09/15(Mon) -
加藤廣 『空白の桶狭間』(新潮文庫)、読了。

時代小説の作家さんは、手を広げ始めたら収拾がつかなくなりそうで
なかなかお初の作家さんに手が伸びないのですが、
本作は、実家にあったので試しに。

桶狭間の戦いの真相を、ふんだんに空想を盛り込んで
新たな説を打ち出した本作。

著者の作風を知らずに読んだので、
導入部分は面白く感じつつも、中盤で秀吉の動きが活発化してきたあたりから、
「なんか、展開、変じゃない?」と疑心暗鬼に。
著者の描く桶狭間の位置づけが分かってからは、
あぁ、そういう「小説」なのね!と、割り切って楽しめました。

名前ばかりが一人歩きして、史実としてあまり確たる資料が残って居ないという桶狭間の戦い。
こういう味付けで読むのも、たまには面白いかもしれませんね。

戦いのあとの清玉という名の僧侶のエピソードは
余計なもののように感じたのですが、
著者の「信長三部作」では重要な役回りの人だったようですね。
加藤作品ファンには、これは嬉しい演出だったのかな?
でも、私には蛇足に感じられました。


空白の桶狭間 (新潮文庫)空白の桶狭間 (新潮文庫)
加藤 廣

新潮社 2011-09-28
売り上げランキング : 308207

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(1) | TB(1) | ▲ top
<<『金融庁が日本を滅ぼす』 | メイン | 『あるキング』>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/16 01:25  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4033-85034d5f
-『空白の桶狭間』-
空白の桶狭間加藤 廣 (著)新潮社 2009-03-27Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 明智左馬助の恋 謎手本忠臣蔵 下 謎手本忠臣蔵 上 秀吉の枷〈下〉 (文春文庫) 秀吉の枷 (下) 『信長の棺』に始まる加藤廣の歴史ミステリーにおける桶狭間の合戦編。 通説では桶狭間で休息していた今川軍の本営に対して織田軍が奇襲攻撃をかけて今川義元を討ち取ったとされてい... …
2014/09/15 20:55  雨読夜話 ▲ top

| メイン |