FC2ブログ
『悶絶スパイラル』
- 2014/09/05(Fri) -
三浦しをん 『悶絶スパイラル』(新潮文庫)、読了。

売れっ子女流小説家さんって、
ばんばんエッセイ本を出されることが多いですよね。
多分、女性誌の連載とかの仕事が増えるからだと思うのですが。

江國香織さんとか、山田詠美さんとか、
小説でさえ多作なのに、こりゃ、エッセイまで読んでたらキリがないなぁ・・・・と思い、
エッセイを読むのを止めてしまいました。

その流れで、新しく読み始めた女流小説家さんのエッセイも手に取らないことが多かったのですが、
三浦しをんさんのエッセイは、ちょっと気になってました。

女流作家のコジャレた日常というのとは、
明らかに方向性が違うということを、何かで読んだので・・・・・。

で、実際に読んでみて・・・・・(笑)。

マンガを買い漁るわ(しかもBL)、弟には「ブタ」と呼ばれるわ、
男性には極端に縁がないわ(というか、寄せ付けてない感じが・・・・)、
とにかく、コジャレた日常とはかけ離れてます。

で、家に引き篭もってせっせと仕事をして、
現実世界の男性には無関心、でもBLにはゾッコン・・・・・と書くと
非常に内向的で根暗なように見えるのですが、
ものすごくパワフルな人間関係を持ってるんですよね。
一晩中、くだらないことを語り合える女友達とか、ぶっ潰れるまで飲み合える男友達とか。

さらに、電車に乗ったり、書店に向かって歩いていたり、家の窓からふと外を見たりしたときに
結構、外に向けてのアンテナの感度が良いんですよね。
しかも、相当に変な人たちが、そのアンテナに引っかかってきます(笑)。

この、アクティブなお一人さま加減が、読んでいて非常に新鮮でした。
特に、最近読んだお一人さまの本が、内向的だったので・・・・。

三浦しをんさんのエッセイシリーズは、これからも読んでいこうかな。


悶絶スパイラル (新潮文庫)悶絶スパイラル (新潮文庫)
三浦 しをん

新潮社 2012-08-27
売り上げランキング : 58028

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  三浦しをん | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<平成卒業生のための特別講演会 | メイン | 『ソリューション営業』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4013-a118f50d
| メイン |