『新・世界の七不思議』
- 2014/09/04(Thu) -
鯨統一郎 『新・世界の七不思議』(創元推理文庫)、読了。

早乙女静香シリーズの第2弾。
邪馬台国に続いて、今度は世界史における不思議が、
バー・スリーバレーで解明されていきます。

前作では、小説形式にしたことが作品にあまり効果をあげていないように感じたのですが、
本作では随分と読みやすくなりました。
キャラクターの役割分担がハッキリしていますし、
無闇矢鱈に持論を戦わせるのではなく、
押したり引いたりの呼吸も合ってきています。
普通に、小説として面白かったです。

そして、何よりも、世界史における「謎」の解明において、
よくもまぁ、ネタが尽きないなぁと思う新解釈の数々。
私、歴史ミステリー的な分野は詳しくないので、
本作で提示される「新解釈」が、新解釈分野においては知られたものなのか、
それとも本当に新解釈なのかは良く分かりませんが、
古代史における謎を、単なる考古学的な考察だけではなく、
「なぜ、そんなことをする必要があったのが」という、
当時の人々の思考や文化に迫るアプローチ方法が興味深かったです。

そして、本作では、フリーライター宮田が、
自分が温めていた新解釈を堂々と披露するというスタイルではなく、
バーの会話で聞いたばかりの情報から、新解釈を推論立てるという演出だったので、
「凄い発見をした歴史学者というのは、こういうプロセスを踏んでいたのかな」と
想像をめぐらせるのも楽しい読書でした。

多作な作家さんのようなので、他の作品も追いかけたいと思います。


新・世界の七不思議 (創元推理文庫)新・世界の七不思議 (創元推理文庫)
鯨 統一郎

東京創元社 2005-02-24
売り上げランキング : 141148

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  鯨統一郎 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<『会社はこうして強くする!』 | メイン | 『いなかのせんきょ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4010-cf371fca
-『新・世界の七不思議』-
新・世界の七不思議 (創元推理文庫)鯨 統一郎東京創元社 2005-02-24Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫) 九つの殺人メルヘン (光文社文庫) 浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話 (カッパノベルス) 千年紀末古事記伝ONOGORO (ハルキ文庫) 親鸞の不在証明 (ノン・ノベル) 『邪馬台国はどこですか』の姉妹作。 前作... …
2014/09/05 20:27  雨読夜話 ▲ top

-新・世界の七不思議/鯨 統一郎-
「BOOK」データベースより東洋の寂れたバーの片隅で、過去幾たりもの歴史学者を悩 …
2015/08/16 15:22  本読み日記 ▲ top

| メイン |