『教える技術』
- 2014/08/30(Sat) -
石田淳 『教える技術』(かんき出版)、読了。

以前は、この手のハウツー本が苦手でした。
苦手というか、「こんな本から学べることはない」と見下していました。

今では、私の考え方が間違っていたと思っています。

この手の本は、ゼロからいろいろ学ぶためのあるのではなく、
8割方は自分の頭で整理できてるんだけど、残り2割が何だかモヤモヤしている、とか
同じテーマに対する処方箋でAとBのそれぞれは分かってるんだけど総合関係が整理できない、とか
こういう、ゴチャゴチャしている部分をスキッとさせてくれるのに
役立つことが多いということに気づいたのです。
もちろん、自分で整理したつもりになっていただけで、間違って理解してたので
1から勉強し直すきっかけになったということもありますが。

本作も、1つ1つの教えは、自分の持っている処方箋の中にすでにあったり、
誰かがやっているのを横目で盗み見て学んだりしたりという
頭の中に既に存在している概念がほとんどだったのですが、
シンプルに教え諭すという内容から、改めて、頭の中を整理することができました。
ザクッと大まかに理解していたものについては、
本質として最も大事な部分は何なのかを整理することもできました。

サクッと読める本ですが、頭の整理に使えます。


行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術
石田 淳

かんき出版 2011-06-21
売り上げランキング : 1152

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『小さくても強い会社はこうつくる』 | メイン | 『論争する宇宙』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4001-80ec0181
| メイン |