FC2ブログ
『ザ・ライト・スタッフ』
- 2005/09/28(Wed) -
トム・ウルフ『ザ・ライト・スタッフ』(中公文庫)、読了。

飛行機の中で読み始めたけれど、
初っ端、飛行機の事故・事故・事故のオンパレード。
不吉な本を選んでしまった。

戦闘機乗りと宇宙飛行士のギャップに悩んでいたとは、
初めて知ったことだった。

産業(この場合は軍隊)と政治が絡み合い、ぶつかり合ったとき、
そこで働く人々が翻弄されていく様子が
刻々と映し出されている。
主人公たちには、強烈なプライドと最高レベルの技術があるので、
巨大産業と一般労働者という一般化はできないけれども、
これはこれで、興味深いテーマだった。

ところで、翻訳の具合が、個人的に苦手な部類だった。
原文を見ていないので、意見を言える立場に無いが、
言葉の選び方や、日本語の語順などに
ちょっと違和感が・・・。


ザ・ライト・スタッフ―七人の宇宙飛行士 (中公文庫)ザ・ライト・スタッフ―七人の宇宙飛行士 (中公文庫)
トム・ウルフ 中野圭二

中央公論社 1983-11
売り上げランキング : 322578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『値段のからくり』 | メイン | 『社会学』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/40-5c5e070d
| メイン |