FC2ブログ
『最後の相場師』
- 2014/08/28(Thu) -
津本陽 『最後の相場師』(角川文庫)、読了。

株式取引が電子化される前の、
アナログな激しいやり取りが展開するのかと思いきや、
意外と、淡々とした筆致で物語は進んでいきます。

それは、主人公の佐久間平蔵が、
「自分は相場師ではなく、経済学を実践する人間だ」という趣旨のことを述べているように
いわゆる相場師のイメージとは違っているからだと思います。

大きな資産を持っていても、老妻と2人でつつましく質素に生きる毎日。
投資の仕方も、「どうやったら儲けられるか」ということよりも
「自分の眼力が正しいことをどうやって証明するか」の方を重視しているかのようです。
だから、分散投資のリスクヘッジは行わず、これだ!と決めた銘柄に全力投資です。

小説として見たときに、この異色の主人公に惹かれる人も多いかもしれませんが、
私は、1人の人間としてのキャラクターがまとまっていないように思えてしまいました。
場面によって、異なる人格が動いているように感じてしまうのです。

お金を持つこと、お金を使うことに執着心がないのに、
なぜ、これほどまでに、日本一の相場師になることに拘るのか、
主人公の中の、動と静、もしくは緩と急が、私にはよく掴めませんでした。

実在の人物をモデルにした小説のようですが、
城山作品の方が小説としてのワクワク感がありますね。


最後の相場師 (角川文庫)最後の相場師 (角川文庫)
津本 陽

角川書店 2007-05
売り上げランキング : 362374

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  津本陽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『出社が楽しい経済学2』 | メイン | 『出社が楽しい経済学』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3998-a157ca16
| メイン |