FC2ブログ
『憂鬱でなければ、仕事じゃない』
- 2014/08/24(Sun) -
見城徹、藤田晋 『憂鬱でなければ、仕事じゃない』(講談社)、読了。

タイトルに惹かれて、
また、見城徹という人物のことが知りたくて買ってみました。

見城氏の手書きの「ことば」と簡単な解説で見開き
そして、見城氏のコメント2ページと、藤田氏のコメント2ページ、
こういう構成になっています。

深みのある言葉から、ビジネスマナーのお小言まで、
幅広く、あるいは思いつき順?で登場してきますが、
興味深く読めました。

「ことば」自体は、見城氏が発したものなので、
コメントの重みは見城氏の方が感じられます。
また、納得感も高いです。

それに対して、藤田氏のコメントが、見城氏と同じことを言っている場合もあれば、
まれに反対意見を述べているものもあり、
また、全然違う方向を向いたコメントをしているものも結構あります。
この最後のパターンを面白く感じました。

1つの「ことば」から、2人の経営者が同じことを戒めている場合は、
誰もが認める大事なことなんだなと思いますが、
1つの「ことば」から、2つのベクトルの異なる価値観が生まれるのも、
なんだか2倍の価値があるようで、面白いと思えました。
決して、2人が別のことを言ってるから絶対的な価値観じゃないんだな、価値は低いんだな、
とは思えないところに、惹かれました。

さくっと読めるのですが、意外といろんな教えが得られる本だと思います。

で、これって、幻冬舎の出版じゃないんですね(苦笑)。


憂鬱でなければ、仕事じゃない憂鬱でなければ、仕事じゃない
見城 徹 藤田 晋

講談社 2011-06-14
売り上げランキング : 55894

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  藤田晋 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『老舗に学ぶ企業改革成功の理由』 | メイン | 『看守眼』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3991-3e294a66
| メイン |